コンテンツ

チェスの基本の基本から


映画などで時折見かけるチェス。日本の将棋と非常に似ているところがあります。

例えば公式戦では、チェスクロックいわゆる対局時計が用いられ、一人あたりの持ち時間が設定されています。また、将棋同様に棋譜も用いられます。但しチェスの場合は、プレイヤーが一手一手棋譜を記録しなくてはなりません。
将棋とチェスの最大の違いは、チェスは相手の駒を取った場合、取った駒を盤上で改めて使うことができないことです。将棋の場合、取った相手の駒も自分の駒として使用することができるので、これがチェスと将棋の最大の違いと言えます。

チェスに使用される盤は縦8×横8マスの正方形で、使用される駒は、キング・クイーン・ビショップ・ナイト・ルーク・ポーンの6種類キングとクイーンは1つづつ、ビショップ・ナイト・ルークはキングとクイーンを挟んで1対、ポーンは将棋の歩兵同様、最前列に8個並べることからチェスは始まります。





Copyright(C) 初心者のためのチェス情報